typographic

DESIGN

typographicposters.comでかっこいいグラフィックデザインを見よう

  • ARTICLE - No.34
  • issue-
  • 725 views

Posted by Keisuke Aratsu
POP1280

最近グラフィックデザインが気になって気になって仕方がありません。長くなってしまうので詳細は割愛ですが、何かの特集で、webデザインにおけるグラフィカルな表現が取り上げられている特集を見てしまったのがきっかけです。
もともと音楽が好きだし、CDのジャケットばかり眺めていた自分にとってはグラフィックがデザインを志ざすスタートだったので当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが。ちなみに好きなグラフィックデザイナーはピーター・サヴィルです。というわけで今回は僕が大好きなサイトをご紹介。このサイト見つけた時はしょっちゅう見てましたし、今でもよく見ています。

typographicposters.comとは

このサイト、主に海外のグラフィックデザイン(ポスター)を集めたいわゆるキュレーションサイトです。ヨーロッパや北米、南米まで、様々な国のグラフィックを集めて掲載しています。参加したいデザイナーが自分の名前で登録できるらしく、登録審査さえ通ってしまえば掲載してもらえるようです。
正直かっこよすぎるデザインが所狭しと並んでいるので見ているだけでもかなり楽しいし、ディテールを見てるだけでもかなり勉強になるのでは。中には一度は見たことあるっていう超有名なものも含まれているので探してみるのも面白いと思います。

デザインの持つ力強さ

グラフィックデザインのいいところってやっぱり力強さなのかなと思います。
タイポグラフィもそうだし、写真に込められた繊細さや力強さ、造形が醸し出すキャッチーさや真摯さなど、そういうものが集約された力強さがあるからグラフィックデザインは素敵だなーと思うんですよね。紙の質感や緊張感しかり。もちろんwebにはwebのいいところがあって、デザインに動きを実装したり、それを世界中の人に見てもらうことができたり、それこそ建設的にhtmlをコツコツと書いていったり、また別の良さがありますね。
そんなこんなでこのサイト、とてもクールでかっこいいので時間のあるときにでもゆっくりと見てみてください。

typographicposters.com

LATEST_

ABOUT ME_

アラツ ケイスケ :
福岡県糟屋郡志免町在住。畑で野菜を育てて生きていきたいwebデザイナー。嫌いなものはクチャラー。1984年10月生まれ。昨年三十路デビューしました。音楽とB級映画をこよなく愛す一面、垂れ流すだけで何を聞いたか観たのか全く記憶にないこともしばしば。(大抵寝落ちしてるか、本を読んでます。)
このブログでは自分が書きたい音楽の事やデザインの事、福岡の事を好きなように書いて行くつもりです。記事掲載のご相談も受け付けますのでどうぞお気軽に。随時受け付けます。僕がバテあがってたらお返事までお時間掛かると思いますが悪しからず。

→CONTACT