compassion

MUSIC

Lust for youth / Compassion

  • ARTICLE - No.41
  • issue-2016.4.24
  • 716 views

Posted by Keisuke Aratsu
POP1280

前作、internationalから約2年。デンマークはコペンハーゲンよりLFYの新譜が届けられました。前作の雰囲気を継承して、ダークなのにメロディアスな曲が全編で展開される気持ちの良さは健在です。野暮ったいバリトンなボーカルは相変わらずトレードマークとして主張しているし、ミステリージェッツに続いて今年の年間ベストに入れたいアルバムの一枚ですね。誠に最高である。

コンパッション

コンパッションとは同情や哀れみの意味とのこと。どんよりとしたこのバンドのサウンドにぴったりだと思う。
さて、肝心のアルバムは相変わらず最高なんだけど特にラスト3曲が申し分なく完璧です。tr.6 displayからtr.7 tokyo、tr8 in returnという流れが秀逸なのでここは是非とも聞くべし。アルバム買わなくてもいいから絶対聞いた方がいい。絶対に「これは最高なのでは?」と思うはず。もちろんアルバム前編通して文句ないのは言うまでもない。
前作ではNew Orderを引き合いに出されていたけど、今作でも特にtokyoではそれが顕著で、ゆったりとした気持ちのいいメロディの中にキャッチーなボーカルが入ってくるあたり、これは完全にNew Orderファンならノックアウトされると思うから黙って聞くべし、だと言える。ホントに最高。

全8曲、そこまで長くないので何度も聞きたくなるし、いい曲もたくさん揃ってるからこれは聞いた方がいいと思います。もちろんアップルミュージックでも聞けるので。最高だぜ。
最後にこんな事書くけど、コペンハーゲンってどんなとこなんだろう。一年中どんより曇ってでもいるのか?

SACRED BONES – Lust For Youth

LATEST_

ABOUT ME_

アラツ ケイスケ :
福岡県糟屋郡志免町在住。畑で野菜を育てて生きていきたいwebデザイナー。嫌いなものはクチャラー。1984年10月生まれ。昨年三十路デビューしました。音楽とB級映画をこよなく愛す一面、垂れ流すだけで何を聞いたか観たのか全く記憶にないこともしばしば。(大抵寝落ちしてるか、本を読んでます。)
このブログでは自分が書きたい音楽の事やデザインの事、福岡の事を好きなように書いて行くつもりです。記事掲載のご相談も受け付けますのでどうぞお気軽に。随時受け付けます。僕がバテあがってたらお返事までお時間掛かると思いますが悪しからず。

→CONTACT