splatoon

LIFE

スプラトゥーンが面白すぎて

  • ARTICLE - No.20
  • issue-2015.7.7   
  • 1,525 views

Posted by Keisuke Aratsu
POP1280

最近流行りのスプラトゥーン、噂に聞いていた以上に面白くてかなりはまってる。
基本ゲームはRPG系統のものしかやらない僕にも楽しんでできるから凄いと思う。こういうシューティングというかアクション要素を含んだゲームはどうも苦手なのであまり手をつけてこなかった。
それもこれも初めてやったバイオハザードで一番最初のゾンビにやられたのが原因なんだけど。(ゾンビにやられるのを友達は隣で爆笑しながら見てた)ただ、やってみてこんなに中毒性が高いと思ってなかったからかなり驚いてます。

塗って塗って塗りまくる

このゲーム、とてもシンプルなルールで、3分間のバトルが終わる頃にどれだけインクを塗って自陣を確保したかで勝敗が決まる。
敵はいるけど倒した回数は勝敗に左右してこない。なので敵を倒せなくても全然楽しめるのである。ここがこのゲームのいいところ。
とりあえず塗りつぶす事さえできれば味方の勝利に貢献できて、イカのランクもあげる事ができる。シンプルイズベスト。

イカをかっこ良くしよう

ゲームの中では装備品を変える事でイカを自分の好きなようにカスタムする事ができる。
ヘルメット被ってたり、ガスマスク被ってたり、T-シャツ着てるかと思えばスタジャン着てたり、かわいくカッコよくカスタムできるからこれも楽しみの一つ。ブキも色々あって、遠くから敵を狙うタイプや地面をゴロゴロとローラーしていくものや、連射型のブキなど色々ある。ステージによって有利なブキが変わってくるので使い分けするのも楽しい。
とは言っても使い分けるのはなかなか難しくて、ブキもタイプによって使い方が違うので一苦労する。ちなみに僕のお気に入りはシャープマーカー。攻撃力が弱いので相手を倒すのに難があるけど、爆弾投げながら突っ込むのは爽快の一言。あとはダイオウイカで相手を追っかけ回すのも楽しい。

チームの組み合わせが大事

ナワバリバトルで勝利するためにはチームの組み合わせが良くないとなかなか勝てない。4対4のバトルなので自分だけがうまかったり、他の誰かだけがうまくてもダメなのである。
敵陣に特攻しまくって即死、復活後ジャンプして最前線に復帰、そして即死、さらに復か(以下略)とかいう事を繰り返すプレーヤーがたまにいるけどこういうプレーヤーが多いと勝つのがかなり厳しくなってくる。
そういうときは皮肉たっぷりに舌打ちしながら地道に塗る作業を楽しむ訳ですが。友達とチーム組んだりもできるらしいので(僕は周りにスプラトゥーン持ちがいないのでやったことない)そうすればこういうストレスは少なそう。あとはゲームパッド見ながらどこに戦力が集中してるかとか、味方がどこに戦線張ってるかとか、そういうのに注目しながらやってるんですがそれがまた楽しくて癖になってきます。
最近はどうやったら勝率が高くなるかの研究ばかりしてる。

買ってからというものの、ずっとやりこんできたので最近ようやくランクが20に到達しました。
これからはガチマッチの門を叩こうと思っています。まだまだ下手くそなのでガチの洗礼を受けつつうまくなっていくとしよう。

ちなみに、こんな感じで定期的にフェスもやってます。
イカのゲーム、楽しいですよー

LATEST_

ABOUT ME_

アラツ ケイスケ :
福岡県糟屋郡志免町在住。畑で野菜を育てて生きていきたいwebデザイナー。嫌いなものはクチャラー。1984年10月生まれ。昨年三十路デビューしました。音楽とB級映画をこよなく愛す一面、垂れ流すだけで何を聞いたか観たのか全く記憶にないこともしばしば。(大抵寝落ちしてるか、本を読んでます。)
このブログでは自分が書きたい音楽の事やデザインの事、福岡の事を好きなように書いて行くつもりです。記事掲載のご相談も受け付けますのでどうぞお気軽に。随時受け付けます。僕がバテあがってたらお返事までお時間掛かると思いますが悪しからず。

→CONTACT