漫画ヨンデル?

LIFE

面白い漫画選びました!今読むならこの漫画がオススメ!

  • ARTICLE - No.18
  • issue-2015.6.2   
  • 1,515 views

Posted by Keisuke Aratsu
POP1280

最近読んでる漫画が結構多くて、面白い作品も多いからオススメの漫画を紹介します。
皆知ってるようなベタな作品もあるけど、やっぱりヒット作だけあって凄く面白い。暇さえあれば読み返したりしてる。
最近はweb漫画も多くて、下で紹介する「モブサイコ100」とか「キン肉マン」とか「ワンパンマン」とか手軽に読めるものが多くなってきましたね。僕は単行本買って読む派です。

監獄学園
©平本 アキラ/講談社

監獄学園

「アゴ無しゲンとオレ物語」でおなじみの作者が書く脱獄系学園ギャグ漫画。とある高校に入学した主人公は女子とのふれあいを学園生活に期待したがそこに待ち受けていたものは。。
とにかくアホらしさが突き抜け過ぎていて面白い。バカっぽさ全開なので何も考えずに読むのがいいです。最初の方はわりと真剣な物語の進行なのに、連載が進む毎にギャグ×エロのオンパレードに。登場人物も全員キャラが立っていて濃厚な世界観が繰り広げられる話は爆笑必須。読んで損はしない。だけど得した気分にもならない。しかし笑える。だから読んでみるといい。
三国志が大好きな登場人物のガクトが超いい味出してるので要チェック!「ござる!」「乱世ー!」が決め台詞。

テラフォーマーズ
©橘 賢一 (著), 貴家 悠 (原著)/集英社

テラフォーマーズ

えっ、これゴキブリなの?って最初思ったけど今やそんなことはどうでもよくて、とにかくストーリーが面白い。
最初は火星を舞台にしたゴキブリvs人間っていう構図で進行していたストーリーも、いつの間にか人間vs人間とか火星にいるはずの○○○がなぜか地球に!!っていう意表を突く展開がストーリーに深みを出してきてこれも目が離せない展開が続いています。
とにかく窮地に立たされまくる主人公たちが力を合わせつつ困難を乗り越えていく様はなかなかにエキサイティングです。これは単純に面白いです。伏線も所々張られているので先々どうなるか楽しみな作品。
今のストーリー展開見てるとどこかでゴキブリが言葉を喋るようになり、映画「ブレードランナー」のラストシーン(ハリソン・フォードとレプリカントの対話シーン)のような一幕が出て来そうな気がしている。

彼岸島
©松本 光司/講談社

彼岸島

これははっきり言ってストーリーなんかどうでもいい。どんなネタを投下してくるのか楽しみで毎週チェックしている。
前編の連載が終了し、続編が連載中だけどネタ感がハンパない。とりあえず丸太を持ってれば最強な感じとかオノを振り回して旋風を起こすとか、垂直な壁を素手で上っていったりとか、ワザとやってるんですか?な感じが最高すぎる。
物語自体はシリアスなホラー漫画のはずなんだけどこのネタのせいでどうも最近ギャグ漫画にしか見えなくなってきた。明らかに常人なら死んでるはずのダメージを何度食らっても立ち上がる主人公が一番ホラー。

モブサイコ
©ONE/小学館

モブサイコ100

超能力が使える高校生「モブ」が主人公の青春超能力グラフィティー。
あまり自己主張しない主人公「モブ」が抱えるストレスが100%になったとき超能力の真の力が発揮される、というユニークな設定。
作者は「ワンパンマン」でもおなじみONE。作画はうまいとは言えないけど味があっていい。
回を増す事にモブが戦うシーンが増えてきて、本格的なサイキックバトルが見所になってきてます。
主人公がサイキックが使えるっていう設定に目がいきがちだけど心温まるヒューマンドラマ。

七つの大罪
©鈴木央/講談社

七つの大罪

「七つの大罪」が繰り広げる冒険ファンタジー。
ベタな展開・題材だけどストーリーにスピード感があって読んでいくうちに癖になります。
物語の主役、「七つの大罪」もいいけど豚のホークが相当いい味出してるんですよね。
ストーリーに伏線が張られていてこれも回収が楽しみ。

以下番外編です

つっぱり桃太郎
©漫☆画太郎/集英社

つっぱり桃太郎

漫☆画太郎が描く最凶で最高の漫画。地獄甲子園とか珍遊記とか罪と罰とかそれなりに色々読んだけどこれを超えるものには出会ってない。連載当時毎週ヤングジャンプを買って、単行本も買っていたほど熱心に読んでいたのに、何の予告もなく突然打ち切りになったのには笑うほかなかった。
ババァとか軟膏とかいつものネタが飛び出しつつも、それだけではない不思議なエネルギーがこの漫画には溢れている。
タイトル通り、桃太郎をネタにした話なんだが桃太郎よりババァが強いとか、意味不明な設定で最後まで通していく感じとか漫☆画太郎万歳って感じ。鬼の「Since now, world is mine.」っていうセリフは名台詞。

リングにかけろ
©車田正美/集英社

リングにかけろ

皆同じような姿勢で必殺技の名前を叫んで相手を殴る。

殴られた相手は空高く舞い上がる

首から地面に叩き付けられる

試合終了

みたいな感じですね。
昔はたくさん漫画読んでたんですけどここ数年めっきり読まない時期が続いていました。
それが最近また良く読むようになってきて色んなやつ読みあさってます。色んなメディアとかで取り上げられてる作品はハズレがないですね。
ほんとに面白い。テラフォーマーズとか初めて読んだとき衝撃だった。今も話のピークが続いてるから先が楽しみで仕方ないですし。
もう連載終わっちゃったけど後追いでNARUTO読んだりとか、ちょっと前にはじまったハカイジュウとか、シドニアの騎士とかワンパンマンも読んでます。ジャイアントキリングも面白い。進撃の巨人もいいし、亜人も読んでる。最近刃牙道も読み始めたが面白くて良い。宮本武蔵強い。
ただ、これも大人気なのは分かってるんだけど、どうしてもキングダムだけに手が出ない。絵があまり好きじゃないというか。。そのうち読むんだろうけど。

昔の漫画も読み返していて、高校生の頃とかヴィレヴァンに入り浸ってて、国民クイズとかドロヘドロとか多重人格探偵サイコとかナンバー5とか、色々読んでた記憶がよみがえる。
変な漫画ばっか読んでたなぁ。意味が分からなければそれでいい、みたいな。懐かしす。

そんな訳で今回書いたのは一部なのでまたタイミングを見計らってどんどん追加していこうと思います。
面白い漫画あったら教えて下さいー

LATEST_

ABOUT ME_

アラツ ケイスケ :
福岡県糟屋郡志免町在住。畑で野菜を育てて生きていきたいwebデザイナー。嫌いなものはクチャラー。1984年10月生まれ。昨年三十路デビューしました。音楽とB級映画をこよなく愛す一面、垂れ流すだけで何を聞いたか観たのか全く記憶にないこともしばしば。(大抵寝落ちしてるか、本を読んでます。)
このブログでは自分が書きたい音楽の事やデザインの事、福岡の事を好きなように書いて行くつもりです。記事掲載のご相談も受け付けますのでどうぞお気軽に。随時受け付けます。僕がバテあがってたらお返事までお時間掛かると思いますが悪しからず。

→CONTACT