houmanzan

LIFE

福岡・太宰府の宝満山に登ってきました

  • ARTICLE - No.42
  • issue-
  • 968 views

Posted by Keisuke Aratsu
POP1280

うだるような暑さの夏もようやくその存在に翳りを見せつつある近頃、少し涼しくなってきたので山に登ったら気持ちいいのではないか?という思いが頭をよぎり、思い立ったが吉日という感じで早速登ることを決意しました。
タイトルにもある通り今回、福岡は太宰府に位置する宝満山という標高約800mの山をチョイスして挑んでまいりました。結果から言うと想像してた以上にきつくてしんどかったけど頂上からの景色は絶景だったし、食べ物がおいしいのも登山ならではだったし、登ってよかったという感想しかないです。

宝満山に登ってみて

この宝満山、福岡でも指折りの人気らしく多くの登山者が訪れることで有名だそう。なので道中すれ違う登山者も多く、頂上でもたくさんの人で賑わっていました。登山口は竈門神社という神社の脇にあるので簡単にわかると思います。
肝心の道ですが、狭い道もあって進みづらいところもありますが、基本的にはきれいな道が続きます。が、延々と石段の登りが続くので体力に自信がない人はゆっくりとのんびり登るのがいいと思います。トレッキングポールがあるなら持って行った方が無難でしょう。僕と同行者は持っていなかったのでヒーヒー言いながら登りました。こんなにきつくて汗だくになるなんて想像してませんでした。。。

何故こんなにきつかったのか

この原因は一つ。とにかく登らせるタイプの山であること。それに尽きる。今まで何度か山に登ったことはあるけど、こんなに最後の最後までネチネチと登らせる山は初めてでした。大抵どこかに平坦な道が続いていい感じに足を休めることができるのに今回それができなかったのでとんでもなくしんどかったです。あと、結構いいペースで登っていたのでそれも原因だったかも。大体2時間くらいで登るらしいけど、1時間半程度で登ったので結構早いペースだったのかもしれないです。
道中写真とるぞ!と意気込んでいたものの結局撮ったのは頂上についてからでした。。。
ちなみにこの宝満山、古くから修験道に使われていたらしく、霊峰として知られていたそう。だからこんなに道中ハードだったんですね。

でも登山は最高

というわけで道中きつかったものの、やはり頂上で見る景色は綺麗だし、汗だくになって一生懸命登ったあとに食べるラーメンは格別の一言。もちろんそのあとのコーヒーも。登る途中は他の登山者と声を掛け合ったり普段しないことをするのも新鮮です。そして何よりもきついけど登りきった、という充実感が一番心地よいのかもしれません。今回は行かなかったですが、帰りに温泉に立ち寄って汗を流して帰るのも良さそうですね。
僕の場合、登ることはもちろんなんですが、頂上で何を作って食べるかということばかりを考えていて、次は普通に食材を持ち込んで何か作ってやろうじゃないかと画策中。ちなみに今回はカップヌードルとおにぎりだけでした。

houmanzan_01

houmanzan_02

これから本格的に秋も深まってきて、紅葉も楽しみな時期になってくるのでカメラ持って山へ繰り出したいところです。次登ったら写真いっぱい撮ろうと思いますー。

LATEST_

ABOUT ME_

アラツ ケイスケ :
福岡県糟屋郡志免町在住。畑で野菜を育てて生きていきたいwebデザイナー。嫌いなものはクチャラー。1984年10月生まれ。昨年三十路デビューしました。音楽とB級映画をこよなく愛す一面、垂れ流すだけで何を聞いたか観たのか全く記憶にないこともしばしば。(大抵寝落ちしてるか、本を読んでます。)
このブログでは自分が書きたい音楽の事やデザインの事、福岡の事を好きなように書いて行くつもりです。記事掲載のご相談も受け付けますのでどうぞお気軽に。随時受け付けます。僕がバテあがってたらお返事までお時間掛かると思いますが悪しからず。

→CONTACT