sleep

MUSIC

MAX RICHTER / SLEEP REMIXIES

  • ARTICLE - No.40
  • issue-
  • 786 views

Posted by Keisuke Aratsu
POP1280

マックス・リヒターは1966年、ドイツはハーメルン出身のポストクラシカル作曲家。スコットランドのエジンバラ大学やロンドンの英国王立音楽院でピアノ作曲を学び、2002年頃から楽曲集をリリースしはじめたそう。
自身の作品を「ポスト・クラシカル」と表現していて、エレクトロニカやシンセサイザーを追加したアンビエントっぽさのあるクラシカルなサウンドになっている。

モグワイなど豪華なリミックス陣

昨年リリースされた「SLEEP」ですが眠りをテーマに制作されたそうで非常に優しい音響空間が特徴的。
そして、今回紹介しているそのリミックス作品「SLEEP REMIXES」これが凄くいい。
このアルバムでは前半がPath 5という曲、後半がDream 3という2曲で構成・リミックスとなっていて、特にモグワイが参加してる音源では原曲の優しさを打ち消してしまうかのごとく、ゴリゴリのSFっぷりをこれでもかとばかりにアピールする、過剰ともいえる打ち込みの音に完全にポスト・クラシカルとかいうジャンルを無視した無機質な世界観を出しまくってて、完全に別の作品になってしまってる感じが強いけどこれがまたかっこいいんですよ。他にもCLARKが参加してる音源もあったりして、それもまたかっこいい。これも結構SFっぽさが強くて良きかな。という感じです。
後半は静かな曲がメインになるので、SLEEPっていうタイトルにかなってる感じになってきます。
前半後半含めてとても良いので最近作業中ずっと聞いてます。オススメの1枚です!


モグワイ参加のゴリゴリのSFサウンド!

LATEST_

ABOUT ME_

アラツ ケイスケ :
福岡県糟屋郡志免町在住。畑で野菜を育てて生きていきたいwebデザイナー。嫌いなものはクチャラー。1984年10月生まれ。昨年三十路デビューしました。音楽とB級映画をこよなく愛す一面、垂れ流すだけで何を聞いたか観たのか全く記憶にないこともしばしば。(大抵寝落ちしてるか、本を読んでます。)
このブログでは自分が書きたい音楽の事やデザインの事、福岡の事を好きなように書いて行くつもりです。記事掲載のご相談も受け付けますのでどうぞお気軽に。随時受け付けます。僕がバテあがってたらお返事までお時間掛かると思いますが悪しからず。

→CONTACT